あなたの不動産診断

あなたの財産は「勝ち組」ですか「負け組」ですか?貴社の不動産は目減りしていることを認識していますか?

バブル経済崩壊、リーマンショック後、土地神話はなくなり、不動産の保有メリットが変化してまいりました。

少子化によるマイホーム需要の減少や、将来の日本経済縮小で不動産の動向もますます混迷を極めています。

また、一人っ子同士が結婚すれば必ず家が一軒余ることになります。

一方、経済の首都圏東京への一極集中。九州では福岡。熊本では熊本市とその周辺部と経済、人口の動態も著しく偏っています。

このような地域での一部の不動産の価格は殆どが、右肩下がりであるといえます。

つまり、不動産を保有する地域とその資産価値によっては、保有コストだけがかかって全く流動しないという現象が現れつつあります。

現に、熊本県内でも、人口減少地域では手放したくても全く売れない、草刈りや税金のみかかって頭が痛い、よく聞く話です。

現実には財産としての機能を失った全くお荷物的な不動産もあるのです!

しかし、主要幹線沿いの店舗立地や再開発、人口増加地区、熊本市内中心市街地や周辺の企業誘致地区等、引く手あまたの不動産もまだまだあります。光の森周辺などが良い例です。

つまり、不動産の「勝ち組」と「負け組」がはっきりとした2局化現象が起こっているのです。

同じ地域でも値がつくものと、つかないものもあります。

 

あなたの保有する不動産はどちらですか。「負け組」ではありませんか?または「負け組予備軍」ではないですか?

次のような不動産は要注意!